【インスタ映えするショップ作りを応援中♪】 厳選したヨーロッパのアンティーク雑貨の販売|Antique cise(アンティークチセ)

Antique cise

Category

Contents




キューブチセ

 



Instagram

@cise1001



 

HOME»  ブログ記事一覧»  cubeチセ»  床材について

床材について

床材について

こんにちは☆


今朝もお天気の十勝^^

とは言え、日が昇るのは7時頃なので子供達の寝起きも悪いです、笑


夏だと5時半くらいから起きてるのに。


毎朝起きても薄暗いので、カーテンをあけて雪や曇りでないとわかるとほっとします。

日中の温度が全然違うので。



でもやっぱり12月、風は冷たいです。

そんな中、作業に入ってくれている大工さんにはほんとうに感謝!何棟も手がけた熟練さんの大工さんたち、

ほんとうに安心してお任せできます。


それも、地域密着型の工務店の良さですね^^


さて、我が家の進行状況、昨日から床の骨組みがはじまっているようです。

12月中に基礎ができて床もはいるとは!基礎屋さんの手際がよかったおかげです。




来年の内装の時には

ここに無垢材やテラコッタが入るのか~とわくわくします^^



でもよく、無垢材ってキズがつきやすいからって選ばれない話しもききます。

ズバリ、どうなの!?と思ってらっしゃる方も多いと思いますが、


ユーザー(私)としては

確かにキズはつきやすいがそれも味になるしさほど気にもならない

というのが正直な感想です。

今のメゾネットの借家は住む際にリフォームしてもらって住んでいるのですが、(こちらもキューブチセに^^)

その居間に使用されているのがパインの無垢材なんです。


もう、10年近く住んでいますし、子供たちもわんぱく盛りなので

床がダメージ受けるのはMAXな時期なのですが

気にならないのが現状。



それよりは色の濃いフローリングにして傷がついたほうが私は気になるかなあと。

経年とともに使用ダメージしか残らないなら、

無垢材にして経年と共に味と愛着が湧くほうがいいかなあと個人的には思います。


あと、床材で気になるのはテラコッタタイル。



最近人気のテラコッタ。

テラコッタはイタリア語で「焼いた土」に由来する言葉です。

装飾用の建材や床材として最近は取り入れられるようになってきました。

これはキッチンに使いたい。

キッチンって結構水しぶきだったり床にモノを落としたり←私だけ!?

しがちだと思うのですが、

ここを木製にしてしまうと掃除とメンテが大変かなと。

タイルだったら、食器を落としたときも箒でささっと集めて床は無傷だったり

水をこぼしても拭き易い。そしてカビない。


加えて見た目も可愛いとなれば、初期コストは多少フローリングよりかかっても

長い目でみたときに絶対お得な気がします。



増税前だし、もうお家建てないと、でもコストダウンしたい

そう考える方はたくさんいると思いますが、

長い目で見たときにコストダウンできているか、長期にわたって住んでも満足しているかということも

ポイントだと思います。



私がキューブチセで施工したお客さまからきいて一番嬉しい言葉は

何年住んでもみなさん「自分の家が一番」と言ってくださるところです。


何年住んでも経年とともに愛着が湧く家。

我が家もそうなるのかと思うと嬉しくなります^^












世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise






 

2018-12-26 15:20:15

cubeチセ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント