【インスタ映えするショップ作りを応援中♪】 厳選したヨーロッパのアンティーク雑貨の販売|Antique cise(アンティークチセ)

Antique cise

Category

Contents




キューブチセ

 



Instagram

@cise1001



 

HOME»  ブログ記事一覧»  cubeチセ»  変化する家

変化する家

変化する家

こんにちは☆


十勝ではここ最近、冷え込みがすごくてスターターを押すのを忘れて外へでたら


車の霜とりからはじめなくてはいけません。。もれなく今朝そうなりました。  寒っ!!!


もうすぐ12月ということもあり


やはり寒いです。 


11月の前半まで異例の暖かさだったので油断していました汗


いつもは隙間風防止にトイレ窓にパッキンを貼るのですが、今年はまだ。。


これ、見た目はあれですけど隙間風ほんとうに入ってこなくてもし築年数経ってる住宅で隙間風に悩んでたら

見えないところにお勧めです!笑


居間は幸い南窓で晴れてさえいれば日中は暖かいので

やはり家を建てるときは方角も大事だなと思います。


あとは家の形状というか間取りもですね。光熱費を考えるといつもいるリビングなどは

日照時間のできるだけ長い方角がよいかなと思います。


風水は参考程度であまり気にしないほうがよいというのが持論です。

(風水は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想です)

結果風水にそっていてもはずれていても、

気持ちも含めて

自分の住む土地の形状に対して一番住みやすいと思う間取りが正解なのかなと。




あと、完成した家をみて思うのは、

余分なところを残しておくこと。

収納だったり、スペースだったり

「うちはこれで十分!」っていうことで

今の生活と同じにするのなら、引っ越すときに半分は断シャリして減らしたほうがいいと思うのです。



だってきっと引っ越したら新しい家に似合うインテリアや家具だって欲しくなる。

ベッドカバーやマットなんかも新調したくなる。

今の生活を全部もってくるならそれを納めてなお、これから楽しめる部分も必要です。




家ってできたばかりはやっぱり馴染むのに時間がかかると思うのです。

経年とともに「ここにこれを足したいな、これはどけてみよう」など

自分の使いたいように変えていける家が理想なのではと。



よく、家は3回建ててみてやっと理想になるなんていわれますが、

3回なんて一般家庭には無理ですから!笑





要は家を建ててからの自分たちのライフスタイルが3バージョンくらいあると思って

それぞれのステージで足したり引いたりできる余裕をもって建てたらいいのかな




我が家の場合は順調にいって

子育て期間→子育て終了の自分たちもまだ現役期間→リタイアしてからの二人生活期間

を想定して、の家になればなと




で、20年もないのですが(さびしっ)私たちは子育て期間に重点をおきたいなと。

あ、でももちろん老後階段上れなくなったら1階で生活できるように居間の隣に部屋はあります。



きっと、夫婦の時間を大切にしたかったり、子供中心だったり、自分ひとりの空間が大切だったり

人によって重点をおくところは違うと思うので

そこはお好みで。

ただ変化に対応できる家だったらきっと住みやすいと思います☆



これから完成していくチセのお客様のおうちはきっとそうなると思います^^






世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

 

2018-11-27 10:53:53

cubeチセ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント