【インスタ映えするショップ作りを応援中♪】 厳選したヨーロッパのアンティーク雑貨の販売|Antique cise(アンティークチセ)

Antique cise

Category

Contents




キューブチセ

 



Instagram

@cise1001



 

HOME»  ブログ記事一覧»  cubeチセ

cubeチセ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

最近のトイレ事情

こんにちは☆


今日は曇り空・・そして雪の予報の十勝。


き、基礎工事よ(我が家の。。涙)


いや既に一度雪降ったしわかってはいたけれど冬期養生費用確定ですね(^^;はっはー!笑



それにしても寒いです><


9月に胆振地方の地震があり、1.5日ほどここ十勝も停電したわけですが

まだまだ暖かい夏だったから洗濯も手洗いしたりご飯も外で肉焼いたりできたけれど

冬場だったら・・・と考えるとぞっとします。


最高気温が-4度とかなのに暖房なしだったら

考えられない。






電気とか水道って有難いです、ほんとに。お金払う価値あり。









そこで、ちょっと昨日いったTOTOさんのショールームでなるほどって思った商品があったのですが

こちら








最近の新築に付けるトイレってみんなボタン式もしくは自動の便器洗浄になっていると思うんです。

でもそれって電気の力使ってますよね?

じゃこの前のような日をまたぐような停電時はどうするの?ってなると

ここ、けっこう盲点だと思うんです。

レバー式であれば、断水にさえなっていなければレバー引くだけで

問題ないと思うのですが

こんなのね



最近のスタイリッシュなトイレのおうちは、タンクレスなので

停電時、

えーと、、流れない?って地味にテンパリますよね。




で、紹介したいのがTOTOさんの

ネオレスト☆

このトイレ、停電時も

便器の左奥に隠されている手動レバーを引っ張ると、水が流せるんです。

災害時のために約2日分(人数や回数によります)の備蓄電力があるそう。

で、その電力も無くなったら、

乾電池でまた使えるそう。

これ、結構知らない方多かったようで、

前回の停電時に問い合わせたくても問い合わせられない二重の不便さがあったようです。



スタイリッシュなのに災害時も対応できるだんて、

ほんと最近のトイレすごい。

と、内心感動しておりました、笑。


みんな家を建てるときなんかは日常をイメージしてるから

トイレだってまさにそうだと思います。

掃除のしやすさや形、価格、これがまず最優先かと。



このブログ読んでTOTOさんのネオレスト使ってる方いたら

左奥のパネルの裏に手動用の紐がありますよ~



災害時、こんな情報が頭の片隅にあると

使えますよね◎

今回はショールームへいったということもありTOTOさんの紹介でしたが

停電時に対応できるタンクレスはパナソニックやLIXILなんかでも出ています。
(使い方はほぼ同じですがメーカーによって電池の場所などは違います)


平常時はもちろん、非常時にも対応できるトイレ、我が家のチェック品目です^^









世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

2018-12-12 10:00:19

コメント(0)

折りたたむ

お風呂決める

こんにちは☆

今朝は寒かったです汗

帯広はなんと、マイナス14度もあったとか。

すぐ近くの車で1時間ちょいくらいの場所ではマイナス21度あったとか、、寒っ







日中太陽があるのがほんとうに有難いです><


さて、私事ですが今日はお風呂を見にTOTOさんのショールームへいってきました!


結果、、我が家のお風呂は~




決まってないです!笑


でも大体の内容は決まったかなと☆



それにしても

お風呂の進化って、、、すごいですね!!



寒くないように配慮された床とか。

壁なんかも何パターンもあって浴槽や床も合わせて組み替えてコーディネートできたり。


シャワーヘッドも進化して節水用のが主流になっていたり。。

(でも水の勢いは個人的には旧タイプのが好き)


ボタン一つでお風呂の湯が溜まったり。



― きっとここ近年お家を建てられた方にはあたりまえのことなのでしょうが、、、汗



とにかく私にはカルチャーショックでした笑



頭上からシャワーが降り注いだり、シャワー操作がボタンだったりともう、ホテルか!って機能も。。


でも今までそんな機能お風呂に求めていなかったので、


我が家の場合は最低限の機能で。


ごくごく普通のお風呂の内容になりましたが



悩むのが




壁の色!



何パターンかあって


浴槽や床の色も微妙な違いがあってきっと決まってしまえばなんてことないのでしょうけれども。



↑↑

私個人としてはなんとなく、こんな色・柄がいいかなっていう 


でもイメージがイマイチ。。

そんなときすごいなと思ったのが

TOTOさんの磁石で組みかえられる浴室のミニチュア模型。

こんな感じなのですが






床色、壁、浴槽、カウンターの色をいろいろカスタマイズできるんです。

カスタマイズできるパーツはマグネット式


イメージしやすい


うちは私しかショールームへ行かなかったので、6パターンほど出してもらい

家へ持ち帰ることに。


しかし、迷います。笑




こんな木目調や



カラフルで可愛い感じのや



何個かに絞れはしましたが

あとは相方に決めてもらおうかなとも思います(多忙のため他で彼の決定権が少ないので、汗)

お風呂で一番悩むのって機能じゃなくて

壁の色とかだった~

という、ね。



きっと素通りできる方はさっさと決めてしまわれるかもしれないお風呂の内装。

意外と悩むかもしれないので

お家をこれから建てる方はお風呂イメージもしておくといいかもしれません^^














世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise











 

2018-12-11 14:57:45

コメント(0)

折りたたむ

窓レキシ

こんにちは☆

暖かかったのは昨日までのようで

ここ十勝、本日は寒く雨模様。


きっと夜中には凍ってしまい、アイスバーンになる予感がします^^;


北国お住まいの皆様は運転、十分にお気をつけくださいね><




今日は我が家の窓にもいよいよパッキン貼らないと寒いっていうくらい

冷気がものすごかったです。


今住んでいる家の窓全てが引き違いサッシなので

※(引き違いサッシとは、横にスライドさせることが出来る窓で、左右どちらもスライドさせて開けることが出来る窓のことです。)

使いや水分その隙間からの冷気が多いようです。←馴染みのある開閉窓ですが、気密性はイマイチ。。

子供の頃の冬、部屋の温度がストーブのある部屋とない部屋で10度以上違ったのはそのせいもあるかと。。。




逆に言えばそこからくる冷気を遮断してしまえばかなり暖かいというのも事実。

なので最近は窓用やドア用の隙間風防止テープなるものがホームセンターはもちろんですが100均でも販売されていますよね。


でもやっぱり、私は業務用のパッキンを窓枠の大きさに合わせて貼るのが一番効果的な気がします(笑)

掃除などで窓を開けるときは面倒ですが。。

ただ、毎年四苦八苦してますが、100パーセントは無理、

しかも窓が大きいため全ての窓にはりめぐらせるのも大変。



最近の住宅ではもう引き違いサッシではなく

樹脂の枠に空気層の入ったペアガラス(複層ガラス)を使うのが一般的です。



窓も進化してます。




キューブチセでも以前紹介した「アンダーセンウィンドウ」

という気密性に富んだガラスを使用しています。

使われているLOW-Eガラスは「ハイパフォーマンス断熱ガラス」というガラス内面に薄く金属コーティングがされたもの。

普通のガラスに比べ、熱の通過を妨げ、有害紫外線を82%もカットしてくれます!すご!

冬の暖房時は部屋の熱を逃がさず(←ここ!大事!)、夏は暑い外気を遮断し(←ここも!大事!)省エネに繋がるすぐれもの。




北海道などの寒冷地での使用が多いのですが、

夏場にも活躍し省エネ対策にも貢献できるので

本州にも伝わってほしい窓。




こうやって見ていくと気候の変化に伴う不便さが

住宅の快適さを追求する糧となってるんですね。



そして

もっともっと環境にも人にも優しい建材が開発されていくことでしょう。

そのときはきっとキューブチセの家造りに取り入れられるので

また紹介したいなと思います☆









世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

 

2018-12-04 11:35:57

コメント(0)

折りたたむ

買う派立てる派

こんにちは☆


今日も暖かめの十勝、この時期朝からマイナスにならないのはほんとうに珍しくそして有難いです。


基礎工事、冬場は固めた基礎を養生させるのに


費用がかかるのでなんとか、養生終わって基礎できるまで雪降らないでほしいと勝手な願い(笑)




今朝は珍しくうちの2歳ちゃんを怒ってしまい、、

いやいつも悪いことしたら怒ってはいるんですけどなんというか、タチの悪いイヤイヤ期で。。。

できるのにやらない症候群にかかってる娘ちゃん

ご飯食べないで遊んだり

洋服きないでふざけてたり(これ寒いからお風呂上りにやられるとほんとに風引くからやめてほしい)

トイレで一人でできるのはえらいけれどトイレットペーパーでずっと遊んでいたり。。。





なんというか、上の子の時はもっとわかりやすいイヤイヤだったのに

下の子は自分で理由付けたり(だって○○なんだもん、と)

ほんとに絶妙なさじ加減で私のイライラをあおってくる感じ?!笑

そしてMAXに怒られる手前でさっと引くのですが

いつもMAX手前まできていたので今日はさすがに怒りました、がっつり。




やろうって言われたらすぐやろう?!

ママ遅刻しちゃうでしょ?!←これだめなやつ




さすがに私も客観的なママから怒れる一人間になりました。

だってここ一週間?いやもっと?ずっと毎日そうなのです。

私の文才の無さでたいしたことないじゃんになってますけど、、、こう、どこまでいったら怒られるかな~と試されてる感があり。

手ごわいです、笑






でもちょっと寂しいんだもんって気持ちもわかるので

(最近はおにいちゃんの発表会などいろいろでおにいちゃんのほうにかまっていたので・・・汗)

二人だけで出かけられる日も作ろうかなと思います☆




さて、朝っぱらから愚痴ってしまいました(すみません)





今日は、お家は買う派 or 建てる派っていう話を(前置き関係なく、笑)




今は建売りも多く、予め企画されたものの中から選ぶ条件付っていうのもあり、

住宅の選び方もほんとうに多種多様です。

技術も上がってきていますし、ドアや窓などの建具もほんとうに多種類。

こんな中からいいと思う会社を選んで、間取りを決めてさらに設備、内装~クロス(壁紙)・カーテンなどを決めるのって

忙しい社会人には気の遠くなる作業ですよね。。。



私からするとこれはもう、結婚式のような大変さ。

1年以上前から偵察し、式場を押さえ、来賓客を選んで、食事の内容、式の内容、衣装選び・・・・

ほんとに大変です。

でも、やってよかったなって思える式にしたいからやる側は必死です。




家もそうです、一生に一度のイベントと思うと結婚式と似ていますよね☆

色々なプランがありますし、選んで決めなくてはならないこともたくさん。


でも結婚式と違うのは、建てたらそこが生活の場になるということ。

そして、ある程度は変更可能なところ☆





でもせっかく建てるのなら、ここが嫌だった、でも仕方なくっていうところが少ないほうがいいですよね。



注文住宅と建売りの違いはそこにあります。



建売がだめって言っているのではないですよ!そこが気に入って購入されるのはもちろんいいことです!

何よりもう建ってますので内装などを決める時間や工期日程も気にする必要がなし、

時間的に最も短く決まるのが建売のいいところです。




ですが何点も気に入らない部分があるけれど。。。でもみんな持ち家だしそろそろ、、っていう気持ちの中での選択でしたら

待った!です

長く住むのに最初からここもあそこもと問題があるのであれば

少しだけ頑張ってみる価値は大いにあります。


ローン組んで土地の手続きして会社と契約しての手間は建売も注文も同じですから

あとはどこまで関わるか、です。


注文住宅のよいところは作り手の顔がわかるところでもあります。

食べ物も生産者の顔がわかると安心しませんか?

この人たちが我が家を建ててくれるのかとわかると安心しますし信頼も生まれます。



また、細部までこだわれるところも注文住宅ならでは。

ここに棚があると便利だな~ここには収納を。なんてかゆいところに手が届く位置で

あると便利なものが取付けられます。



また、屋根、壁、内装も自分の好みに合わせられる。

注文住宅は頼んだ施主も建築に関わることのできる家です。



建売りと注文住宅はいわば


また食べ物に例えちゃいますけれど笑


カレー屋さんでカレーをいただくのと


自分で育てた野菜と顔の見える生産者からの材料でカレーをいただく

のとの違いかなと。


どちらが美味しいと感じるかは人それぞれですよね☆


私は今回住宅に関しては後者を選びましたが、

時には前者を選ぶ時もあります。



大切なのは後悔しないこと。


もし迷っているなら、よいと思ったハウスメーカーに話しを聞きにいくだけでも

考えがまとまるかもしれません。





マイホーム検討中のみなんさんは、どんな選択をしますか?^^










世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise


 

2018-11-28 10:39:24

コメント(0)

折りたたむ

変化する家

こんにちは☆


十勝ではここ最近、冷え込みがすごくてスターターを押すのを忘れて外へでたら


車の霜とりからはじめなくてはいけません。。もれなく今朝そうなりました。  寒っ!!!


もうすぐ12月ということもあり


やはり寒いです。 


11月の前半まで異例の暖かさだったので油断していました汗


いつもは隙間風防止にトイレ窓にパッキンを貼るのですが、今年はまだ。。


これ、見た目はあれですけど隙間風ほんとうに入ってこなくてもし築年数経ってる住宅で隙間風に悩んでたら

見えないところにお勧めです!笑


居間は幸い南窓で晴れてさえいれば日中は暖かいので

やはり家を建てるときは方角も大事だなと思います。


あとは家の形状というか間取りもですね。光熱費を考えるといつもいるリビングなどは

日照時間のできるだけ長い方角がよいかなと思います。


風水は参考程度であまり気にしないほうがよいというのが持論です。

(風水は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想です)

結果風水にそっていてもはずれていても、

気持ちも含めて

自分の住む土地の形状に対して一番住みやすいと思う間取りが正解なのかなと。




あと、完成した家をみて思うのは、

余分なところを残しておくこと。

収納だったり、スペースだったり

「うちはこれで十分!」っていうことで

今の生活と同じにするのなら、引っ越すときに半分は断シャリして減らしたほうがいいと思うのです。



だってきっと引っ越したら新しい家に似合うインテリアや家具だって欲しくなる。

ベッドカバーやマットなんかも新調したくなる。

今の生活を全部もってくるならそれを納めてなお、これから楽しめる部分も必要です。




家ってできたばかりはやっぱり馴染むのに時間がかかると思うのです。

経年とともに「ここにこれを足したいな、これはどけてみよう」など

自分の使いたいように変えていける家が理想なのではと。



よく、家は3回建ててみてやっと理想になるなんていわれますが、

3回なんて一般家庭には無理ですから!笑





要は家を建ててからの自分たちのライフスタイルが3バージョンくらいあると思って

それぞれのステージで足したり引いたりできる余裕をもって建てたらいいのかな




我が家の場合は順調にいって

子育て期間→子育て終了の自分たちもまだ現役期間→リタイアしてからの二人生活期間

を想定して、の家になればなと




で、20年もないのですが(さびしっ)私たちは子育て期間に重点をおきたいなと。

あ、でももちろん老後階段上れなくなったら1階で生活できるように居間の隣に部屋はあります。



きっと、夫婦の時間を大切にしたかったり、子供中心だったり、自分ひとりの空間が大切だったり

人によって重点をおくところは違うと思うので

そこはお好みで。

ただ変化に対応できる家だったらきっと住みやすいと思います☆



これから完成していくチセのお客様のおうちはきっとそうなると思います^^






世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

 

2018-11-27 10:53:53

コメント(0)

折りたたむ

枕木を外構に

こんにちは☆



昨日はつかの間の晴れだったようで、今日はしんしんと降り注いでいます、雪^^;


でも子供達は元気なもので

ゆき~!!!とひとしきりはしゃいで触って手が冷たすぎてテンション下がって、と


見ていて面白いくらい一瞬で表情が変わってました、笑




まだプラス(かろうじて)の気候なので、この雪も降ってはとけてで積もらないといいのですが、


雪が降っている地域の方、夜はアイスバーンになると思うのでくれぐれも運転、気をつけて下さいね!!







さて、こんな雪の日は寒い外から入ったお部屋が暖かいとそれだけで癒されます。

会社もあたたか~い!!☆

我が家はまだ寒いのですが

来年からこの高気密高断熱の仲間入りをして暮らせるのかと思うと心弾みます♪



少し温まって再び余裕をもって外を見ると、

枕木に降り積もった雪の感じがなんとも風流です。

夏は夏で花や緑との相性がよかったけれどクリスマス、お正月、など冬のイメージにしっくり来る。










枕木とはもともとは電車のレールを支えている構造材のことです。

経年劣化のために線路では使えなくなった枕木を、ガーデニングなどに使うのが人気です。


経年の独特の持ち味がとてもよく、

緑とも合うので

外のインテリアとしてとりいれてみるのも素敵です☆


最近は、ホームセンターなどでも手に入りますので

素敵なおうちができてから

自分で庭作りや外構を楽しむのもありですね^^



世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

 

2018-11-21 10:28:43

コメント(0)

折りたたむ

アンダーセンウィンドウ

こんにちは☆


今日も十勝は晴れ^^


暖かい11月、6月まで暖房が手放せなかったので


冬で少し取り返している気分です笑



来月まで、暖かくあってほしい。。。初雪もできればクリスマス前後にさらっとすぐ融ける感じだと嬉しいですね。








とはいえ、これからはじまる寒い寒い冬、

これからおうちを建てる方は是非、高気密高断熱というワードにも注目して下さい。



機能、見た目、コストはなかなか揃わない三拍子ですが

増税前にと焦る気持ちをいったん置いて、

これから何十年も住む家をトータルで考えることは大切です。

(増税前に建てて0.2%分得をしても、メンテナンスがすぐに必要になったら0.2%以上損してしまいます)




そこで今日はキューブチセのこだわりでもある

窓の紹介を

こちら、アンダーセンウィンドウ↓



アンダーセンは輸入木製窓で

歪み、狂いが少なく長期間にわたってメンテナンスフリーの


撥水防腐処理を施した「ウェスタン・クリアー・パイン」をサッシとフレームに使用している窓です。


見た目もお洒落ですね☆




ですが、本当の価値は

金属や樹脂製の窓にはない高い断熱性にあります。

ガラス部分が他のものとは違うのです。


「アンダーセン 窓 断面」の画像検索結果



難しい用語を並べちゃいますが

そもそもアンダーセンの構造はガラス一枚ではなく層の組み合わせで出来ています。

まず表面内側にはLOW-Eガラスという

ガラス内面に薄く金属コーティングがされたものを使用。

これにより、通常のガラスより熱の通過を防げます。

夏、涼しく、冬は暖かいという省エネものです。


また真ん中の層、

LOW-Eガラスの間にはアルゴンガスを充填密封した状態で窓本体に組み込んでいます。

これは空気層に水分が入らないので冬の結露の発生を大幅に抑えてくれます。

また室外への騒音低減にも貢献。

す、すばらしい。






正直なところ、家をプランするにあたって建具や窓はコストを下げる為に

ランクを下げがちですが・・・

家そのものの機能に関わる部分は

慎重に検討したいところです。


長い目で見るのは私も苦手なのですが

家は買い替えることができないので、

10年、20年経っても

経年の味が増し愛着も増す、

でもメンテナンスはフリーで、というなんとも都合の良い家にならないかなと思っています。

ここ十勝の

夏はそれなりに暑く、冬はガツンと寒い気候で

おうちを建てるなら

環境にも人にも優しく長期にわたってメンテナンスフリーの家を実現している

キューブチセの家造り

一見の価値有りです^^





世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise




 

2018-11-13 09:49:24

コメント(0)

折りたたむ

玄関の役割

こんにちは☆


今日も暖かい十勝、でも畑はそろそろおしまい、ということで

今朝は祖父の畑の今年最後の人参を収穫してきました。



会社の庭のラベンダーも霜が降りる前に摘んでドライにしなくては。

ラベンダーの紫はアンティークとも相性がよいので

庭の花がみられない冬場の癒しです☆



ヴァイロールなどに入れて

玄関先のニッチなどにも合いそうですね。




 こちらは以前施工させていただいたK様宅

ドーム天井とリビングへの扉のアーチがとてもお洒落です。


ニッチもアンティークがピッタリ似合いそう。


ドーム天井ってなかなか見かけないと思うので、

こんな感じなんだ!

っていうイメージを持ってもらえたら、と



見てわかるとおり、照明がとても映えます。インスタ映えじゃなくて照明映え。

塗り壁の雰囲気もまた、似合います。


ちょっとスペインのガウディの建築チックな感じ。


玄関は家の顔なので、その部分にはこだわりをもって損はないと思います!


だって、仕事で疲れて帰った瞬間から癒されたら、

朝、出かけるときに気持ちよく出られたら、

それってそれだけでとても得してますもの。

 
また、ちょっとした来客時にも雰囲気のある玄関はお勧めです。

入った時に居心地の良い家はやはり長く愛されます。











世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

2018-11-07 14:02:48

コメント(0)

折りたたむ

基礎工事

こんにちは☆


今朝は5歳の息子が寒いさむいといいながら起きてきて、

昨日が曇りだったせいか朝も寒いはじまりでしたが、

午前中も出勤時間を過ぎると暖かくなってきました。






今朝のニュースで見ましたが、今年は28年ぶりに初雪が遅れているそうですね!

個人的には暖かい日が続いて雪の降るのはもっと後でよいのですが・・・

そして先日の地震でまだ被災されている方もいる地方では生活が落ち着くまで

寒さは1日でも少ないほうがいいはず。





けれど同じく地震で打撃を受けた北海道の観光とか経済の面ではやはりスキー場が使えないのは痛いので

なんとか部分的にそこだけ降ってくれないかなーなんて都合のよいことばかり考えてしまいます。



もう一つ、都合よく自分のことを言えば、

お家の基礎ができるまでは降らないでいてほしいな、と←結局ここ!



解体が進む祖父の家は、日曜には家が瓦礫の山に。

ここから廃材を片付けていくのですが

なくなって寂しいので早く家が建っている状態に戻したくなります><




まずは年内に無事に基礎工事までできますように☆


基礎工事って家の基礎というだけあってほんとうに大事なんですよ~!


施工会社のキューブチセでは


その外観・内観・照明を含むインテリアに惹かれて来てくださるお客様も多いのですが


住宅にとって大事な基礎工事もとても丁寧に行います。


例えば基礎の最後に、一般的にはコンクリートではなく防湿シートを敷き砂で押さえる工法が多く採用

されていますが、

キューブチセでは床下を防湿コンクリートで覆い安定した環境に保ち床構造の劣化を防ぎます。


床下構造にはキーラムという構造材を用いて

クレームの原因になりかねない構造材の収縮・ねじれ・たわみ・割れなどの不安を解消しています。


「キーラム 構造材」の画像検索結果
通常の床構造は2×10の一枚板を用いますが、

キーラムは単版の繊維方向を平行に並べて積層しているので、軸材として最も優れた機能を有する木質構造部材です。

特に横架材として使用した場合、垂直力に対して他材料と比べて最も高い曲げ許容応力度が設定されています。


まあ、わかりやすく言えばピアノのような重たいモノを置いても床構造の狂いがほとんどない、

(他材料は経年と共にどうしてもねじれや重みからその部分だけ凹んだりします)ということです^^



せっかく建てるのですから、内観・外観もそうですが家の構造自体がしっかりあってほしい

長持ちしてほしい


見えない部分がしっかりしているから、内観も外観もメンテナンスが少なく済むよう最初から配慮されているから

キューブチセの施工するおうちは長く愛されているのかもしれませんね☆














世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise






 

2018-11-06 09:42:50

コメント(0)

折りたたむ

子供部屋

こんにちは☆



今日はハロウィンですね^^


保育園(毎年仮装させてくれます)

に通う2歳が「ミニーになるの☆」といっていましたが正解やいかに!?笑



なんだか慌しい今年はイベントに力を入れることができず(++)


子供達にも何もしてあげられないので


今日は仕事帰りに六花亭でハロウィンケーキでも買って帰ろうかと思います☆

それまでケーキ残ってるといいな!笑


みなさんは、どんなハロウィンをしますか?

すっかり恒例化したこの行事、これが終わるとクリスマスモードになるのかな。




さて、十勝は朝晩の冷え込みも増してきました。

朝はもう息が白いです。

そして明日からは11月。

霜月というくらいだから、霜や雪が降る日も時間の問題でしょう。



そんな中ですが、来年の完成目指して

我が家もいろいろ思いをめぐらせています^^



今日は子供部屋について。

これからおうちを建てる方、こんな感じもあるということで見てくださいね。



子供部屋って、子供の人数にもよりますし、性別や年齢差にもよるからみんながみんな同じではないと思います。

我が家は男の子と三歳差の女の子、いまのところ2人の子供です。


我が家の場合、子供部屋は性別が違うので分けます。

場所は二階、

そんなに広くなくてよいので7畳以下の子供部屋で。

そして、18~20歳になれば親元を離れること前提で。(寂しいけど!><)


もう一人、もし産まれた場合は上との差が6歳以上あくので


独り立ちしたあとの部屋をそのまま使ってもらおう、と思っています。


あとは、子供達の部屋にロフトを設けること。

ロフト、結局物置になる説もあるのですが、、、


でも私はベットを買わなくていいメリットをとりました!笑

布団生活させてもいいのですが、ロフトに布団の方が掃除もしやすいし部屋も有効に使えます。


仮にベットを買ってしまうと、買ったときはよくても使わなくなったときの処分が大変です。



私も実家にベット置きっぱなし・・・今は妹の使わないもの置場と化しています。。

ベット買ってもそうなるなら、ロフトで寝てもらって、

使わなくなったら自分たちが物を置いたりできたほうが

広く部屋使えそう!(客室にしたり)

というイメージのもとのロフト案です。


あと、個人的に

子供って梯子とか

少し高いところから見下ろすの好きなんです、たぶん。


どうせ部屋があるならちょっとわあ☆ってなる部分があると一人で寝るようになる時もスムーズかなと。


イメージ(キューブチセの過去の施工より)








実際にはロフト下はもう少しがっつり収納にして机は別に設けますが

クロスとか雰囲気、こんな感じだと素敵です^^



同性の兄弟だと、後から仕切れるよう入口は二つで初めは同じ部屋っていうのも

いいです^^



おもちゃで遊ぶ幼児期なんかは広々使えるし、

不要になったときも仕切りを取れば広くなるので有効に使えそうです☆




子供のいる時期は人生のほんの一部ですが

その一部の時間を大事にし、未来を見据えた部屋にしていくことが大切ですね。









世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise


















 

2018-10-31 10:10:39

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4