【インスタ映えするショップ作りを応援中♪】 厳選したヨーロッパのアンティーク雑貨の販売|Antique cise(アンティークチセ)

Antique cise

Category

Contents




キューブチセ

 



Instagram

@cise1001



 

HOME»  ブログ記事一覧»  cubeチセ

cubeチセ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

災害に強い建物

こんにちは☆

一夜明けてテレビをつけると、台風21号の被害があちらこちらに・・・

画面上でもひどいとわかる風の強さ、

倒れる足場や氾濫する川など

現地の方の無事を祈るばかりです。




映像では屋根が吹き飛んだり、小屋ごと倒れたりするものもありました。

増税前で周りにも新築を建てられる方多く見られますが、

台風や地震に強い家は今後必須条件になってきそうです。



以前にもちらっと紹介しましたが、

キューブチセでも使用している建築工法2×4工法やメンテナンスフリーの屋根材、アスファルトシングルは

もともとは北アメリカやカナダで使用されているものです。


アメリカやカナダで起こる天災といえば、ハリケーン。

小屋や動物まで巻こむ威力もある災害です。

そんな土地で発達したツーバイフォー住宅の屋根は強風に対し優れた強度を備えています。

その一つが「ハリケーンタイ」とも呼ばれるあおり止め金物です。

風速70メートルのときに金物1個にかかる力が1.666Nなのに対し、

この金物の1個あたりの許容耐力はそれを上回る2.303Nもあります。



このハリケーンタイがあることによって屋根の垂木と外壁がしっかりと連結され

強風にあおられても屋根が吹き飛ばないようになるのです。



「ハリケーンタイ」の画像検索結果
 

北海道ではこの耐震・耐風に加え耐火の性能にも富んだ2×4工法が主流になりつつあります。


こんなに耐災害の家だと、


デザイン的にも重々しくなりそうなイメージもあるかと思いますが


キューブチセではそれもクリアした世界にたったひとつの家を

お客様の建てたい家を20年、30年経っても強くて愛着も年数ごとに増す家を目指してます。



 

外の水周りもとても可愛いです☆



内装もちらりと☆素敵ですね☆


施工事例は下のURLからもみれますので是非ご覧になってみてください^^



世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

2018-09-05 09:52:53

コメント(0)

折りたたむ

明るさを採る

こんにちは☆

今日はどんより曇りの十勝です。



こんな日はお部屋も暗くなりがちに・・・

今でこそLEDなど明るい照明がありますが、昔だったらどうやって暗い日中、夜を過ごしたのでしょう。

蝋燭、、だとは思いますが、

あとはできる限り日中部屋の中に外の明るさが入るように

室内の採光をとる、ことですよね。



現在、建築基準法では居室の床面積の7分の1以上の採光を設けることになっています。

でも、言葉でいってもなかなかピンとはこないです。



また実際の明るさはどの方角に窓を設けるかで全く違ってくるので

これから家を建てる方はできるかぎりの想像力を駆使してどこに光が欲しいかを考えなくては

なりません。



居間はもちろん、南側に窓をとる方が多いとは思うのですが、

意外と盲点なのが

トイレ、脱衣、洗面、キッチンだったりすると思います。



「窓一つで」と大げさに思われるかもしれませんが、

この窓一つが意外にも大事で


自分がその家を好きになれるかどうかも関わってくることかもしれません。

そして窓は値段的にも多くすると高くなるので、

「ここはいらないか。」と妥協せざるをえない場合もでてきます。


でも、です。

朝なのにトイレに入っても真っ暗、洗面もどんより、キッチンも電気をつけないと暗い

北から南にかけての縦長のLDKであれば

北と南意外にも窓があったほうが明かりは入ります。



平面図にも窓は描かれているのですが、

打合せの時はついつい家事動線や収納などその他の間取りに目が行きがちです。


そこで、役立つのが鳥観図と立面図です。

鳥観図は文字通り、鳥が空から見下ろしたかのような図が(平面図が立体になった感じ)

立面図では窓の位置が

わかります。


これらと平面図をいまいちど照らし合わせて想像してみると

より具体的な感じになると思います。

あとは同じ条件を自分で作ったり(トイレやキッチンの窓をふさいでみるなど)すると、

その状態でいいのか、やはり採光を取るべきかを疑似体験して考えられます。

建ってからこんな風ではなかったということをなくすために

疑問に思ったことや妥協したくないところ、要望などをしっかりもって

打ち合わせに行くときっと素敵なおうちができると思います^^





世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

 

2018-08-30 16:08:44

コメント(0)

折りたたむ

屋根の日

こんにちは☆

雨の予報でしたが今のところ持ちこたえている十勝の空。

でも8月前半なのに涼しいです、涙




さて、8月はお盆や夏のお祭りなどが目立つ分、何もない日はほんとになにもないので

今日は何の日か調べてみました!笑


8月8日、ぞろ目なので

結構ありました!面白いのはしらたまの日(8が白玉を重ねたように見えるから)とか

ヒゲの日(感じの八が髭のようだから)、笑の日(8ハ8ハと笑い声)など

でもやはり仕事柄目に付いたのは

「屋根の日」でした☆

漢字の八の字が屋根に似ていることから全国陶器瓦工業組合連合会が制定したそうです。

けっこう公式ですね。

瓦の屋根、本州ではまだまだ目にします。雪の多い北海道ではほとんど見かけない分、

本州を訪れたときにはその風情ある佇まいに感動しました。



一方で、雪の降る北海道、どうしても他の地域より屋根にも耐久性が求められます。

新築しても経年とともにメンテナンスしないといけない。。そしてコストも結構かかる。

今までは避けて通れない屋根問題だったと思います。


けれども最近はメンテナンスフリーの、見た目もお洒落なアスファルトシングルという屋根材があるんです!




使用すると見た目はこんな感じで




↑比較的自由度の高い設計も可能です。


高い耐火性と耐久性、優れたデザイン性が人気の秘密です。



オークリッジプロ(アスファルトシングル)の芯材は、無機質のグラスファイバーで出来ており、製品のねじれや変形
を防ぎます。さらに良質のアスファルトを使用することで、より高い防水性や高い防火性
能、長い耐久性、柔軟性をもたらしています。

西欧風の家などにはピッタリの屋根材、

屋根の日、ということで

キューブチセでも使用しておりますので

施工事例、気になる方は是非ご覧になってください^^


世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise









 

2018-08-08 11:58:18

コメント(0)

折りたたむ

家の中のこだわり

こんにちは☆


今日も涼しい十勝です。

本州はまだ暑いのにこの涼しさ、汗。



今年の夏は何時にもましてあっという間でした。。



さて、突然ですがみなさんはご自分の家のスペースの中でどこが一番好きですか?

キッチンだったりお風呂だったり、こだわりぬいた書斎、リビングだったり・・・きっといろいろあると思います☆



そんな私は「トイレ」が好きです、笑


今の家はリフォームしてもらった賃貸なのですが、


トイレのドアは表がパインの木そのままで内側が白く塗ってあります。

壁紙はグリーン系の花柄。

そこに大き目のニッチ代わりの棚をおいて

流木や、観葉の水差しやワインコルク、なんかを飾っています。



トイレって狭いから、でも使ったときに目の前に緑とかあって、ドアが白いと明るく広く感じて

なんだか落ち着くのです。


なので、今度新築する家も同じようなインテリアが合うようなトイレで内ドアは白、がいいな~と思っています。


毎日絶対使うところだし、恐らく私しか掃除しないので笑

居心地よいトイレがいい!



ペーパーホルダーもちょっと可愛い、というかカッコいいのにしたいです。

あと、うちは絶対二階にもトイレつけます。

すでに今現在、間に合わなくて下の店舗のトイレ借りたりしているので・・・必要・・うん。



なんて、どんだけトイレ好きなの?って感じで語ってしまいましたが

こだわる場所は人それぞれ。

でもここはね!こうしたかったの!っていうものがあった方がきっとおうちに愛着が湧きます。

これから新築をご検討される方、

ざっくりな憧れを具体化させてみると

自分たちだけの素敵なおうちの形がきっと見えてきますよ☆











世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

2018-08-07 10:52:52

コメント(0)

折りたたむ

居心地のよい家

こんにちは☆


今朝は朝から、、というよりは夜中の2時から「牛乳のみたい~泣」と号泣の2歳にやられました、笑

ほぼ、一日おきに毎夜中これ。

もうジュースのみたい~よりはマシと思ってやり過ごすしかないのかな。。はは。




寝たいのに起こされて私もそろそろ疲れてきましたがそうも言っていられないので

がんばりまーす(棒読み)


暑さや寒さ、育児の沸点と気候の不快指数は比例している気もする最近。

ご飯やお風呂や洗濯、洗い物、片付け、寝かしつけ

しなくていいなら無限に優しくできそう。。と思っている母親は私だけじゃないはず。

お母さんだってほんとはゆっくり遊んであげたりかまったりしてあげたいのです。

メシ、風呂、寝るを子供の健康とか成長考えてある程度時間内にやってあげなきゃ、と思うから

えー??今あ?とピリピリするのです。

と、今日はちょっと、ちょっぴり愚痴でした。



さて、こんなに荒んでしまうのも、家がごちゃごちゃしているせいかもしれません!

片付けして少しでも環境をよくしよう、、休みの日に、笑



でもそう考えると、やはり

住みやすい家とは、

換気や気密性など家の性能としての部分は何度かブログにもあげていますが

目に見える部分として収納・家事スペースが十分に確保されている家ではないかと思います。


モデルルームやパンフレットでは

適度に家具などが配置されて生活のイメージがつかみやすく、またインテリアにもこだわって

こんな新しいマイホームいいなという気持ちにさせられますが、


実際にその大きさ、収納でいいかは

よく検討しないといけません。


服や食器、本やおもちゃ、生活雑貨、日用品

モデルルームにはないその他の必要なものが

実はたくさんあるのです。



十分な広さがあるとシュミレーションするのが大事ですが、

このとき実際に収納するものよりも大きい収納があったほうがいいと思います。


引越しで捨てるから

ミニマリストになるから

よく引越しのたびに心機一転したくて思いますが(過去6回ほど引越し経験あり、ミニマリストのミの字もない私)

とはいえ、


急な来客や、どうしても片付ける時間が無いときにぱぱっと収納できるスペースは

心の余裕にもつながります。


特に私が思うに、低学年くらいまでの小さなお子さんがいる家庭はこれ必須です。


子供のやることは予測不可能な上時としてダイナミックすぎることも。



部屋なり収納なり1スペース余分にあれば

咄嗟の片付けや

フリースペースとしての遊び場にできます。


お母さんは子供たちがそこに居る間別の部屋の掃除できますし

何より、やっぱりメインの部屋は綺麗なほうがいい!笑

とりあえず名人の私が言います笑



最近、自分の家も考えるようになり、他のモデルハウスや新築のお友達のおうちなどをみさせてもらったときに

この収納問題が結構住むのと見るのでは違うなと感じました。




シュミレーションしていても、やっぱり余分にあると助かる収納スペース。

そして、取り出しやすいかどうか、もあるので

そんなこといったらこれを読んでこれから間取りを考える人をさらに悩ませちゃうかもしれませんが、

せっかく長く住むのですから

徹底して居心地のよい家にしましょう!!











世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise





 

2018-07-31 11:13:49

コメント(0)

折りたたむ

続く猛暑に

こんにちは☆


本州では連日の40度を越える猛暑、、、温暖化が進んでいるとはいえ、過酷な夏です。

毎日ニュースでは気温の報道がされて、北海道も夏ですが、あまりの差に言葉が見つかりません。

朝晩はやはり寒い、涼しい、というのが北海道なので。

どうか、暑い地域の方は水分補給をしっかりとって少しでも涼しくなるよう祈っています。




さて、今朝はそんな猛暑のニュースに付随して40度を超える地域では夜も2階で寝ていると屋根の熱が伝わりやすく

熱中症になりやすい、との報道も目にしました。




日本ではもともと南北に長い島国であることから

地域の特性を活かした工法での家造りが各地域でなされてきたのでしょうが、

この40度超えは通気性重視の家には辛いと思います。




北海道の住宅はまず一番に氷点下の寒さを何ヶ月かのりきるために暖気を逃さない、寒気を入れない密閉性が求められますが

これは真夏の暑さを室内に入れたくないときにも役立ちます☆




ですが、そのための材料(気密性のある窓など)は北海道では普及しているために入手しやすくても

本州で普及させるにはコストパフォーマンスが悪いとのこと。

この猛暑で気密性を重視した住宅のための手当てなんかが増えたらよいのに。。。なんて勝手に想像してしまいますが、笑



幼い子や高齢の方、病気がちな方の居る家では深刻な問題になりうる暑さ。。


夏休みに入る子供たちも多いかと思われますので、一日も早くこの猛暑が通常の夏日に戻りますように。


今日は少しでも涼しいを。。冬に完成したおうちの写真を。


画像に含まれている可能性があるもの:空、家、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、家、屋外

世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise


 

2018-07-24 10:15:47

コメント(0)

折りたたむ

チセのお庭

こんにちは☆

本州では暑い日が続いていますね、みなさん熱中症などには十分気をつけて下さいね><



十勝は昨日少しクーラーの力を借りましたが、今日は比較的涼しく過ごさせてもらっています。


そのおかげで今日は会社のお庭の草むしりなどできました^^

cubeチセのお庭、レンガの小道やアーチが可愛いのです。

もちろん、アンティークもとてもよく似合いますよ☆






でも、庭ってお手入れしてるからこそ、素敵なんだよなあと改めて実感。


マイホームに思いを馳せますが・・・土地、つまり庭などなどを含めて素敵にするのって

難しい。

今は家の中や間取りでいっぱいいっぱいですが、

来年の今頃は庭どうしよう、でいっぱいいっぱいな気が・・・笑


でも幸せな大変さです、楽しいですから。

目標はスペイン風の家、

そして庭にはベリー系とオリーブを植えたい、

ざっくりとですが近い未来の楽しみです、笑



世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

2018-07-18 11:42:22

コメント(0)

折りたたむ

南向きの家

こんにちは☆


今日はまた蒸し暑い雨の日。


十勝晴れが恋しいこのごろです。




いきなり熱の上がる風邪なんかも流行りだしているので(うちは溶連菌でした汗)

みなさんこの気候の中、体調管理、気をつけましょうね☆


それでもかろうじてお天気の日に恵まれた先週は

中札内村inピクニックというイベントもあり、十勝の小麦、お肉、美味しいものもたくさんいただきました^^




やっぱり外で食べて飲むのは美味しいので


来年はマイホームにて外行事(BBQとかピクニック風ランチとか)できたらいいなあと思います。




南に面した土地なので、南玄関が当たり前と思っていましたが

昨日は鬼門を外した東側の玄関にする間取りも見せてもらい、

そうすると、洋室の採光が明るくとれるので

ちょっと迷い中です。



家は間取り、ほうんとうに難しいです。

内装は変えられても、基本的な場所(玄関・トイレ・洗面etc)はなかなか変えられないので

子供達も小さくて人口密度MAXの「今」だけではなく家族の形が変わる「未来」も使いやすいかどうか、

来客や短期同居など「応用」が利くかも

欲を出せばキリがないのですがいろいろ考えてしまいます。



あと、外装も。

家の間取りに固執しすぎて、できた!これ!という間取りの結果、玄関ポーチとシュークローゼットが少し飛び出る形に^^;
(本当は四角に納めるイメージでした)

でも、家の幅三分の一以内で、南向きに玄関が飛び出すのは風水では「張り」といっていいことらしいです。

そんなの気にしていたらきりがないので風水はあくまでそうなった場合もよい間取り!

といういい意味の部分しか気にしないことにしています、笑。


南玄関なら南玄関の良さが、東玄関なら家の中の開放感があるので


迷います、笑。


でも、ものすごく注文の多い我が家の希望を

(1Fにダイニングキッチン、ファミリークローゼット、食品庫など)

土地の形状も踏まえて最善の形にしてくれるのはすごい!


新しいプランが出来るたびに、そうか、こんな間取りもあるのか!と感心&揺れ動いてしまいます、笑。


自動代替テキストはありません。


世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise



 

2018-07-03 11:50:03

コメント(0)

折りたたむ

7月の庭

こんにちは☆

早いものでもう7月!一年折り返してきました!!



寒かった十勝も先週末ころよりジトジト蒸し暑く・・・・


これはこれで快適ではないのですが、笑


とりあえずついこの間まで重宝していたカーディガンなどは秋までさよならできました☆


北海道は寒いので花の開花も本州より遅いのですが、、(お花見は3月じゃなくて5月とか)

今は薔薇がシーズンです。

こだわりいっぱいの素敵なお庭をもつ方々のマイガーデンが今はとても華やか。

四季折々の植物や花に囲まれる生活、憧れますね~

でもその裏には雑草や害虫との熾烈な闘いもあるのです。

まさに努力の賜物☆

今日は会社のお庭でかわいい木苺を発見。

枕木や煉瓦を使った可愛いお庭です^^



新築となると、どうしても間取りや室内のインテリアが優先なのですが、

少し落ち着いたら、外壁や家の形、雰囲気にあったお庭を考えるのも楽しそうです☆


ここからが短いながらも十勝の夏の本番、どうかお天気にも恵まれて素敵なシーズンになりますように!





世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise



 

2018-07-02 10:39:52

コメント(0)

折りたたむ

環境に優しい家

こんにちは☆

今朝はまたシトシトと雨が・・・明日ちょっと晴れてまた来週はほぼ毎日雨らしいです・・・

梅雨か!

20年くらい前は暑くもなく寒くもなく心地よい風吹く6月だったのに。。。

ここ最近の温暖化なのでしょうか。

他人事ではない気がします。



だからこそ、これから家を建てる人たちは

目先のこと(新しいから、とにかく欲しいから、それがステータス、スペックだから)という枠にとらわれないで

これから何十年と住む家を考えたいものです。


みなさんは、家を建てる時に何を重視するかはそれぞれだと思いますが、

みんな絶対重視していることが「費用」だと思います。

働き盛りとはいえ増税に子供の教育費用にとなにかとかかる世代が家をたてるのですから。

安いほうがいいに決まってます!

問題は、今安いのをとるか、長い目でみて帳尻が合うものをとるか、です。


これはほんとうに難しい。。100均で買ったものでも何年も使えるものもあれば、

高くかったのにちょっとしたことで壊れてしまうものもあります。

安けりゃいい。高ければ安心。というわけでもない現代のモノ事情。



ただ、家に関してはある程度先が見越せます。

例えば、20年~30年してメンテが必要になるもの。

10年で取り換えないといけないもの。

設置するものの寿命はだいたいわかります。


そこで、屋根材を安価なものにした場合と初期費用はかかってもアスファルトシングルのようにメンテナンス不要のものにした場合、

安価なものは15年~くらいで痛んでくるかもしれません。

張り替えには部分であってもそれなりの費用がかかります、

またそれに伴う工事で若干生活にも不便をきたすこと

そのメンテナンス分の費用が家系的に余裕のあるものなのかという負担。

この二つは逃れられない現実です。

外壁にしてもしかり。

窓や網戸などの建具に関しても同じことが言えます。

そう考えた時に、最初の何年かを新築気分でまた費用を抑えて楽しめたとしても、

のこりの数十年という長い年月をメンテナンスに追われながら過ごしていたら

その度にちょくちょく小さなローンを組んだりしていたら

なんだかちょっと損した気になります。


だったら、イニシャルコストは多少かかっても、メンテの心配なく長く状態をキープできるものを
最初からとりいれた方が精神的にも経済的にも健全な気がしますよね。


そしてもちろん、これは余分な廃棄を出さない面で環境にも優しいのです。

さらに、壁や屋根、窓がしっかりしいているということは

気密性にも優れているということ。

冬場の暖房費・夏場の冷房費の削減にも貢献します。

と、いうことは余計なエネルギーをつかわないので省エネでこれまた環境に優しい、笑


地球ってみんなで使うものだから、使ったあとは汚しっぱなしではなくなるべく奇麗にして次の世代に渡したい。

自分たちも次世代も快適に過ごせることに貢献でき、自分たちの未来の出費も抑えられるなら

新築に関しては、ケチるところとそうではないところの見極めも大切です☆
 


世界でたったひとつの家を創るcubeチセの施工事例をもっとご覧になりたい方はこちらから

キューブチセ


アンティークのある暮らしインテリアなどを詳しくご覧になりたい方はこちらも合わせてご覧ください☆


Antique cise

2018-06-29 11:58:02

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3